実山椒の醤油漬けを作ってみました

今が旬の、山椒の実を手に入れました。

今年はどうしようかと思ったら、醤油漬けというものを見つけたので、作ってみました。

山椒の実は、アク抜きをして、小分けに冷凍すると1年ほど保存できます。

今までは、ちりめん山椒や煮物などに使っていました。

醤油漬けは、アク抜きした実山椒を醤油に漬けるだけのようで簡単そうです。

実山椒の醤油漬け

まずは、沸騰した湯に山椒の実を入れ、弱火で6分ほど茹でます。

指でつぶれるくらい柔らかくなるまで。

枝がついたままで茹でて、あとで枝から実を外すと簡単。

実山椒

湯を切り、水に浸けて、途中水を取り替えながら、30分から4時間置きます。

刺激が強いほうが良ければ短く。

私は、痺れるような辛さはほどほどで良いので、2時間くらい水に浸けておきました。

あとは、水気を拭いた実山椒に醤油を漬けるだけ。

水から鍋に入れて、煮沸消毒した瓶を用意。

山椒の実を入れて、醤油をひたひたになるまで入れます。
実山椒と醤油

常温で、2週間置いたら、食べられるみたいです。

実山椒醤油漬け

山椒の実の風味が移った醤油は、美味しそうです。

作る前は、山椒の実のアク抜きが、おっくうに感じてしまうのですが、やってみると簡単です。

せっかく旬だから、もう一回手に入れて、塩漬けなども作ってみよう。