Processing部 課題「記号と落下」

久しぶりに、Processing部に参加のため、課題に取り組みました。

Processingは、オープンソースのビジュアルデザインのためのプログラミングです。

課題は、「記号と落下」

ボールの落下ゲームの作品を見つけたので、アレンジ。
落ちてくる音符♪にマウスを合わせると「good!」の文字がでます。

こちらのopenprocessing.orgで見られます。

課題に合わせて音符に変えたので、無理やり感があるなぁ。
ゲームなら、ボールが落ちてくる方が良いですね。

まだ既存のコードを借りてきて、少し変更するくらいしかできないのですが、落ちてくるものの種類が増えたり、音が出たりするともっと良さそうです。

たまにしかProcessingに取り組んでいませんが、そろそろp5.jsでコードがかけるようにしないといけないなぁと思っています。

参考 PROCESSING入門 落下ゲーム:http://processingnyumon.blog.jp/archives/2290701.html

Rails Girls Nagoya More! #49 に参加しました。

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

Rails Girls Nagoya More! #49 に参加しました。
「現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド」のオンライン読書会です。

Capter 7,8,10 は機能追加、JavaScriptなど、各自で手を動かしてやってみる感じなので、飛ばして、『Chapter 9 複数人でRailsアプリケーションを開発する』を読みました。
とうとうずっと読み進めてきた最後の章です。

GitやGitHubを使ってソースコードを管理して、チーム開発を進める様子を学びました。
Pull Requestベースの開発の仕方、コードレビューについてなど。

・企業外にデータを置くことを禁止している会社にお勤めで、GitHub禁止の場合、GitLabやGitBucketを社内で構築して使っている実際の例を聞きました。

・いろいろ問題が起きた7pay(セブンペイ)のソースコードがGitHub上に公開されていたとかの事件から、開発の外注、プログラマについての話題。

GitHubは数回触っている程度でまだよくわかりません。何かしでかすと怖いので、もっと勉強しようと思いました。

次回からは「Railsの教科書」http://igarashikuniaki.net/rails_textbook/ にみんなで取り組むことに。ネット上に教材があります。

以前、電子書籍版を購入したけど、うまくいかないところがあって、途中でやめてしまったような気がする…。複数人で定期的に読み進めると、多分最後までやり遂げられるから、また取り組めて嬉しいです。

『Webを支える技術』読書会に参加しました。

Rails Girls Nagano, more! #7
Googleハングアウトのオンライン勉強会
『Webを支える技術』読書会に参加しました。
今日は、第3章から。
・REST webのアーキテクチャスタイル
・URIの仕様

Webシステムがどうして動くのか。
設計思想のRESTを構成する6つのアーキテクチャスタイルの解説、
URIの構成について学びました。

なんでAmazonのリンク先アドレスをコピーすると、
「3%82%92%2C…………..」などのように非常に長くなるのかとか、
古いウェブサイトの文字化けは、文字エンコーディングの違いで、
Widowsで作られたものがMacで表示できないなど。
いつも触れているwebにまつわるお話しにつながりました。

次回からは勉強会の後に、本の紹介ビブリオバトル(のバトルなし)が加わります。

今読んでいる本のおすすめポイントを3分間話し、その後みんなでお話する感じ。

試しに今日の参加者が、今読んでいる本を挙げていったら、
哲学、日本脱出、ファッション、松本の映画、マンガ、投資などと
各者バラエティに富んでおり、思わぬ新しい本との出会いがありそうで楽しみです。

ちなみに私が最近読んだ面白かった本「父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え」
とてもシンプルですが、実践にはちょっとハードな部分もあり。でも本質をついてると思います。
若者の時から取り組めば、必ず、賢く自由に生きられるとは思うけど、もう過ぎてしまったので、
中年の今からでもまねしたいと思います。

案外投資情報に触れない方が多いようなので、この類の投資本は好きなのでビブリオバトルに用意しようかな。