こんまりさんの片づけノートで、5月中は片づけ祭り。

ネットの記事で見て、良さそうだなと思っていた、人生がときめく魔法の片づけノート

近所の本屋で手にしたら、書き込んでいくドリル形式なので、これはできそうと思って購入しました。

まずは、片付け前の、理想の家のイメージづくりに取り組みました。


少し前から、ぼんやり、部屋のもようがえを考えていました。

連休中に少し取り組んでみて、あとはいろいろなものを処分していこうという、

そんなときに、近藤麻理恵さんの「人生がときめく魔法の片づけノート」手に入れました。

片づけノート

片づけ本は読んで、やる気が出て、実行にはうつせても、一部をやってみるだけです。

でも、この片づけノートは、書き込みながら、順番に実行していくだけで、レッスンを受けたように片づけが完了できます。

そして、現在の自分の棚卸しになりそうです。

こんまりさんの片づけは、いきなり片づけ始めるのではなく、事前にやることがありました。

◇片づけ前の準備◇

  1. 理想の家のイメージを書き出す
  2. 自分の理想の暮らし方を考える
  3. 家とものの現状を把握する
  4. 片づけ期間を決める

準備が完了したら、片づけに取りかかります。

片づける順番は、

衣類→本類→書類→小物→思い出品

カテゴリーごとに全部出して集め、ときめくものを選んで残して、収納していきます。

「ときめく」っていうのが、いまいちピンとこないのですが、うれしくなるようなものを残すことにします。

連休最終日一日を、片づけ前の準備にあてました。

まずは、理想の家のイメージ

Instagramで、”interior”を検索して画像をピックアップしてみました。

楽しすぎて、たくさん選びすぎました。
理想の部屋イメージ

片づけとは関係なく、自分の好きなイメージのコラージュは、家以外でも、ファッションなどでもやってみるとおもしろそうです。

理想なので、別に現実とかけ離れてもいいのです。

私の場合は、明るくて、窓がたくさんあって、居心地がいい感じになりました。

理想の部屋

その後は、理想の朝と夜の過ごし方の、タイムスケジュールを書き出しました。

それから、家の間取りを書き出して、収納スペースや現状を把握します。

そして、片づけ期間を定めます。

なんだかワクワクして、早く片づけたくなりました。

でも、無理せず、5月末日を終了予定にしました。

余裕を持って、一つのカテゴリーを量の違いで、2〜9日で設定。

平日は1時間30分くらい片づける予定。

例えば、衣類は、月曜から土曜までの予定です。

実行するには、時間の管理も必要です。

それには、理想のタイムスケジュールが、はやばやと役にたちました。

片づけ初日の今日。

いつも朝はぎりぎり間に合う時間に起きていますが、試しにタイムスケジュール通りに目覚ましを設定。

なんと1時間以上前に起きました。

というわけで、朝から衣類を全部集めて、山盛りにする作業ができました。

幸先が良い。

夜は衣類の中の、トップスだけ片づけてみます。