ケーブルテレビを契約して、恐れていたことが。映画鑑賞が止まらない。

先日、光回線をNTTからケーブルテレビに変えました。

今はキャンペーン期間中で、ほぼ全部のチャンネルが見られます。

先週末、光回線をNTT光コラボレーションのU-NEXT光から、スターキャット・ケーブルネットワークに変更しました。プロバイダー料込みのインターネット、ケーブルプラス電話、地デジ・BS・CSの専門チャンネルのテレ...

でも、視覚からの刺激は楽しくて、テレビは見始めたら止まらなくなるので、気をつけていたのです。

ケーブルテレビの契約をしてから2週間。

距離をおいていましたが、そろそろどんなチャンネルがあるのかチェックしてみました。

滅多にテレビはつけないし、今までは見たい番組もないので良かったのですが、ケーブルテレビには、映画があります。

そうしたら、やっぱり映画にハマりました。

ゆっくりしようと思っていた休日ですが、全て映画で終わりました。

土曜の夜にシネフィルWOWOWというチャンネルをつけたら、劇場公開時に観たかった「真珠の耳飾りの少女」が放送しています。

すると、思いがけず、好きな俳優のコリン・ファースが出ていたので、鑑賞。

フェルメールの絵の雰囲気をそのまま再現した、美しさにハッとしました。

それで、映画の放送が終わったと思ったら、次の番組がクリムトの絵が題材の映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」で、見始めたら面白くて鑑賞。クリムトのあの絵にこんな物語があったなんて!

もう寝ないとダメだと、寝る準備をしましたが、サイコサスペンスの映画「マシニスト」が始まって、鑑賞。

結構、精神的に追い詰められる男の話だったので、このまま寝たらダメだ、幸せなストーリーの映画を見なければと開き直って、Amazonプライムビデオを検索。

「ジュリエットからの手紙」を見て、幸せな気分になって就寝。

次の日の日曜は、久々に何も予定のない休日なので、ゆっくりしつつ、ドットインストールで勉強しようと思っていました。

が、また昼頃テレビをつけてしまい、そこから結局4本映画を見て、その後アメリカのテレビドラマを2本見ました。

というわけで、土日は、映画8本とドラマ2本を見て過ごした休日になりました。

目も疲れて頭も痛くなってくるんですが、止まらないんですよね。

次の日、出勤する職場があるのでやめられますが、予定がなかったらずっと見ているかもしれないという。

テレビが鬼門ということを改めて体感しました。

でも、映画が好きで見たいのだから、あまりその気持ちを抑えつけず、自分にもう少し映画を見る時間を増やしてあげよう。