映画「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」を観てきました

名演小劇場の予告で見て、楽しみにしていた映画を観てきました。

「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」

ドリス・ヴァン・ノッテン

ドリス・ヴァン・ノッテンチラシ2

ベルギーアントワープのファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンの仕事や生活のドキュメンタリー。

美しい洋服やショーを創り出す人の秘密を見ることができました。

「ファッションのような半年で消えてしまうものでなく、着る人に長く馴染んでいく服を作っている。」

トレンドを作っているのではなく、心から湧き出たものを形にしている職人。

ありとあらゆるもの、時代やテイストの違うもの、古典もポップなものも、全て同等に並べ組み合わせていく。

そこに、本人も、見る者も楽しませる、美しく新しい世界が生まれる。

ただし、その徹底したプロの仕事には驚きます。

世界から集まる美しい布と、膨大な数のデザイン・試作品・コーディネート。

その数々の選択を経て、ショーに出される50〜60着に絞られていました。

他にも経営者としての一面を知ることができました。

デザイナーはあらゆる創造を試すことが許されてはいるけれど、商売として成り立たなければならないということ。

アートではなく、あくまでも売れなければ、独立したメゾンとして続けていけません。

過去のショーの映像を振り返りながらドリスは経営についても語っています。

インドに刺繍工房を作り、技術を指導し、雇用を作っていることも出てきます。

ともあれ、美しいものを創り出す源泉は、美しいものに囲まれた生活と思いました。

日常生活を、美しい空間で過ごし、広大な美しい庭で花を摘み、野菜を収穫し。

美しすぎる。

妥協をせず、完璧主義な様子も突き抜ける要素のような…。

妥協しないと日常が進んでいかない気がして生きてますが、少しずつでも美しいものに触れて、美しいものを作り出していきたいものです。

ドリス・ヴァン・ノッテン

ドリス・ヴァン・ノッテンチラシ