滋賀・三重の旅 締めくくりのアクアイグニス

名古屋から三重県いなべ市の上木食堂と、滋賀県ヒトミワイナリーを目指したの締めくくりは、食事と温泉を楽しめるアクアイグニスに急遽決定!

途中、道の駅や上木食堂で存分に楽しみすぎて、目的のヒトミワイナリーの到着が大幅に遅れましたが、思いがけず工場見学も楽しみ、たくさんの試飲でワインも手に入れた、われわれ一行。

お腹が空いたのでご飯を求めて動き出しました。

ちょうど新蕎麦の時期なので、蕎麦が食べたかったのですが、夕方暗くなってからではお蕎麦屋さんはどこも閉店。

滋賀のヒトミワイナリーは、山を超えてダムを超えて行くようなところなので、ひとまず三重県まで戻ることに。

三重県でも行きに立ち寄った、いなべ市方面はお店がないので、南へ下った菰野町へ。

菰野町には、数年前に行ったことのある、おしゃれな温泉複合施設のアクアイグニスがあるのです。

三重県湯の山「癒し」と「食」をテーマにした、複合温泉リゾート施設  アクアイグニス

温泉や宿泊施設に、スイーツ、パン、美味しい食事はイタリアンや和食、他にはイチゴ狩りなどなどできるのです。

パン屋さんは閉店してましたが、お土産ショップや食事はできました。

お蕎麦もあるし、和食「笠庵」賛否両論に決まり!

しかし、私はとろろご飯が食べたくなって定食に。

お腹も満足したところで、100%かけ流しの天然温泉の片岡温泉へ。
【 美人の湯 片岡温泉100%源泉かけ流し 】

ちょうど満月の日に露天風呂を楽しみました。

ここはお風呂を出たあとも、ゴロゴロできるスペースがあり、のんびりできるので思う存分ゴロゴロ。

ゴロゴロしたあとは、なんと温泉カフェもあり、まったりお茶をして。

そして帰ろうかなと思ったら、ハイセンスな施設なので、いたるところを撮影しまくり。

旅のトリオも撮影し合い。

身もココロも満たされ外に出ると、夜の建物が満月に照らされてきれいでした。

時を忘れて楽しみすぎて、名古屋についたのは深夜になってしまいましたが、久しぶりの深夜のドライブも楽しく、また出かけたくなりました。

今回の行き先は何回行っても楽しそうだなぁ。