塩糀を仕込みました

定期的に塩糀を作っています。

が、この前の塩糀がなくなってから

だいぶ経ってしまいました。

そろそろあれが食べたいので作らねば。

鍼灸師の若林理砂さんのメルマガに載ってた

塩糀の作り方を参考にしてます。

と言っても”みやここうじ”のパッケージに載ってる

分量通りの糀200g、塩60gとひたひたの水ですね。

みやここうじ一袋をバラバラにほぐして、塩を入れて、

パッケージには湯と書いてありますが、

水で大丈夫。

目分量でひたひたになるまで入れて混ぜるだけ。

タッパーへ入れて常温で保管。

次の日に糀が水を吸って、

足りないようだったら水を加えて。

あとは一週間くらいそのままで、

発酵が始まったら冷蔵庫へ。

この塩糀に鶏のささみを浸けてオーブンで焼くと

とってもおいしいのです!

熱々をハフハフいいながら食べるのです。

止まらなくなって2、3本食べているのではなかろうか。

あぁ、またひさびさに食べられる。

若林さんは「伝統塩麹」も紹介されてます。

冷蔵庫保存のいらないタイプ。

こちらは糀1kgに対して塩およそ600g程度で、お漬物用でしょうか。

かぶや大根で試してみようかしら。