桜の散歩道、名古屋 今池 すいどうみち緑道で毎年の花見 

毎年桜の時期になると、すいどうみちを自転車で通ってお花見をします。

そろそろかと思って、仕事帰りに通ってみました。

お花見といっても、自転車で通るだけ。

名古屋今池の交差点から覚王山の東山配水塔まで約1.6Km続く、すいどうみち緑道。

そのうち1.2Kmほど桜が植えられている歩道が続きます。

すいどうみち

住宅地で、地元の人が散歩している程度のお花見客で、静かに桜を楽しめます。

すいどうみち2018

もう随分前に、桜の時期の夜、何気なく、すいどうみちを自転車で通りました。

そうしたら、あまりにも気分がよくて、お花見といえば、自転車ですいどうみちになりました。

すいどうみち桜

桜の花びらが舞い散り、自転車でゆるゆる走っていると、ふわっと桜の花のにおいに包まれる。

文字にすると、完全に、お花を見ているよりは、イメージの中の桜を楽しんでいるだけのようですね。

でも、今年も、時折桜吹雪に包まれながら、どこまでも続くような桜並木を楽しんで、すいどうみち往復をしてきました。

暖かな空気に混じって、桜のにおいもして、ああ、これこれと、毎年の感覚を思い出しました。

すいどうみち桜

今日は夕方明るいうちで、ちょっと人が多かったので、また夜桜を楽しみに今週中に通ってみよう。