ピノ・グリージョを楽しむ

白ワイン、ピノ・グリージョを深掘りしています。

事の始まりは 2017年初夏の夕方、某テレビ塔の下にてピクニック

友人おすすめの白ワイン、”ピノ・グリージョ”(チャペル・ヒル 原産国:ハンガリー)を楽しむ会です。

「ピノ・グリージョはキンキンに冷えてないとだめ。」 と彼女

ワインの品種の知識もない私に、

キンキンに冷やして持参した「ピノ・グリージョ」を

クーラーバッグからささっと出してサービスしてくれます。

さらっとして爽やかで、フルーツの風味がふわっと広がり、

屋外での美味しい食事もあいまって、ピノ・グリージョがすすみます。

すこし暑くなりはじめの頃にぴったりの白ワイン。

大いに盛り上がり、ここから、ピノ・グリージョにハマった私たち。

初めての記憶が曖昧になるほど、

ここからめくるめくピノ・グリージョの探訪が始まりました。

【基礎知識】
WINESUKI.JP By Mercianによると

”ピノ・グリージョとは:ピノ・ノワール(赤ワインの品種)が

突然変異で皮の色がピンク色になったもの。

フランスではピノ・グリ、

イタリアではピノ・グリージョと呼ばれています。

「グリ」、「グリージョ」は灰色を意味し、

果皮が灰色を帯びた薄紅色をしています。

香りは穏やかですが、辛口で厚みのある味わいの白ワインになります。”

つづく