第1回 ピノ・グリ テイスティング会

前回からの続き

いままで気にもかけなかったので当たり前ですが、

すこし探してみると、あんなところにピノ・グリージョ、

おやおや、こんなところにピノ・グリージョ。

ピノ・グリにハマった私たちは飲み比べを始めました。

※ ピノ・グリ/ピノ・グリージョとは:おいしい白ワインのことです。

辛口のものが多く、フルーティーな酸味で爽やかで飲みやすいです。

第1回 ピノ・グリ テイスティング会   (全3本)

(友人とピノ・グリを味わったコメントをメモりながら進めました。

ワインのテイスティングのお作法は知りませんので、

感じるままにメモ。酔うほどに擬人化がすすみます。)

1. 近所の SEIYU にて発見。

SEIYU直輸入

CONVIVIALE Pinot Grigio / コンビビアーレ ピノ・グリージョ

原産国:イタリア

【コメント】

T:「甘い花の香り。例えば、ハニーサックル。」

S:「爽やかな甘い香り。口に含むと蜂蜜の風味がのどに広がる。」

T:「飲む前は柔らかなフルーツの香り。ピーチ。蜂蜜。

口に含むとシトラス系の酸味が前に出る。」

S:「部活を頑張っているフレッシュな若者。」

T:「サングリア向きかも。

オレンジ、アップル、パイナップルのジュースのミックスも素敵。」

2. 友人御用達 やまや にて発見。

CANYON ROAD PINOT GRIGIO CALIFORNIA

/ キャニオンロード ピノグリージョ

原産国:アメリカ

【コメント】

T:「香りはシトラス、グリーン、初夏のそよ風。

舌に感じる甘みはよく熟れた梨、りんご。

クリーミーな味だがしつこくない。微炭酸。

後味は酸味に続いて軽い苦味も。」

S:「初夏の山の香り。たけのこの香り。マヌカハニーの風味。

完熟の洋梨の甘さ。」

T:「このワインは、これだけで楽しめます。

軽いスナック、サラダ、たいていのものに幅広く合いそう。」

S:「高校生男子。ヨーグルトにも合いそう。」

3. マックスバリュにて発掘。

ARGENTO PINOT GRIGIO / アルジェント  ピノ・グリージョ

原産国:アルゼンチン

【コメント】

T:「香りは、山と湧き水の香り。爽やかでミネラルっぽい。

そして、しっかりブドウ的な香り。

ソーヴィニヨンブランに近くサラリとして軽い。

前の2種が女性的、これは男性的と感じる。

突出したエネルギーをひけらかさない、

淡々とした精神状態の安定した男性かな?

とすると1番目のピノグリは思春期ごろの女の子。」

S:「白身魚、魚料理に合いそう。」

T:「エビ、カニなどの風味のあるシーフード料理が合う感じ。

クリームを加えるものにもとても合うように思います。

さらっとしているから。」

同じ品種のぶどうから作ったワインも、

産地や収穫年によって味が全然違うのですね。

お詳しい方には当たり前のことでしょうが、

あらためてワインの楽しみ方に気づきました。

とっても楽しく、美味しいピノ・グリですが、

味を感じながら飲むとなると、飲む量も増え、

最後には酔っ払い2人ができあがりました。

暑い日の昼下がり、のどごしが良い

キンキンに冷やしたピノ・グリージョが美味しいわけで、

寒さに向かうこれからの季節にはどうなのでしょう。

なにはともあれ、このあともちょいちょいピノ・グリ探しが

続きました。

これは!というピノグリは忘れないうちに記録していきます。

つづく。