ギターの弦を、オーガスチン青からダダリオ プロアルテEJ45に変えてみました

張り替えようと思っていた、エレガットギターの弦をようやく替えました。

ついでに、ギター購入以来使っていた、ハイテンションの弦から、ノーマルテンションに変更。

メーカーも、オーガスチンからダダリオへ変えてみました。

ガットギターをたまに弾くと、弦を押さえる指が、痛くなります。

最近は、指先だけでなく、関節も痛いのです。

弦がハイテンションのタイプは、押さえる指に強い力が必要なようなので、見直すことに。

今までは、オーガスチンのブルーのハイテンションを使用。

いろいろ調べて、一般的な感じのダダリオ プロアルテ EJ45 ノーマルテンションに。
ダダリオプロアルテEJ45

ダダリオパッケージ裏

あぁ、ずっと弦を変えていなかったので、久々にみる綺麗な弦。
弦

なかなか、億劫なのですが、えいやっと弦の張り替え完了。
ギター弦

弦の張り替え直後は、特にナイロン弦が、すぐにチューニングが狂ってしまいます。

弦が伸びたりして、安定するまで、何度もチューニングします。

チューニングは、iPhoneアプリのGuitarTunaを使っています。

便利だなぁ。

GuitarTuna

張替え後、1〜2日経って少し弾いてみると、

左手の指先は以前ほど、力まなくても良い感じ。

そして、音はやさしく、モコモコとするような気がします。

ハイテンションは、力がいるけれど、音がしっかりと出ていたというわけか。

ノーマルテンションでも、音をしっかり出すには、爪の調整と、やっぱり強めに弾くと良さそう。

今は、長く親しんでいた、ハイテンションの音が良かった気がするけど、

ダダリオのEJ45で、まずは練習してみよう。

しばらく弾かないでいると、ボサノバとサンバが、また弾けなくなっている。

超スローのサンバになってしまう。がんばろう。