銀杏とキンモクセイの散歩道 ぎんなんはいくつ食べていいの?

最近、夜にウォーキングをしています。

歩くようになって、非常に気になることが。

銀杏の実が地面に落ちて強烈な匂いを放っていると思ったら、

隣でキンモクセイが満開のため、これまた強い香り。

例年は自転車で通り過ぎるだけだったので、

ダブルでくるとこんなに強烈だったかしらと

とまどっている今日この頃です。

毎年銀杏の時期になると、銀杏好きの方が銀杏を振舞ってくれます。

銀杏で有名な愛知県稲沢市産だそうですが、

一度に10個弱は食べることになるのです。

たしか、銀杏は毒があるからたくさん食べてはいけないはず、

と、内心思いながら食べています。

毎年、こんなに食べていいのだろうかと不安になっていたので、

どれだけ食べて良いのか、調べてみました。

日本中毒情報センターギンナンで検索してみました。

小児で7個〜150個、成人で40個〜300個となっています。

そんなに食べることないでしょ。と思っていたら、

50個から60個食べて中毒になった例が載っているサイトがありました。

炒った銀杏が美味しいからって、食べ過ぎたら危険ですよ!! 「お酒のつまみに炒った銀杏最高!」 「茶碗蒸しの銀杏…

秋が深まってくると、道路のそこらかしこに落ちていて、独特の臭いとともに秋の風物詩となっている銀杏。茶碗蒸や串揚げ、私たち日本人にはとてもなじみ深い食材だ。しかし、この銀杏、実はかなり厄介な毒を持っ...

気をつけないとそんなに食べてしまうんですね。

ギンナン中毒は痙攣と嘔吐の症状だそうで、

人によっては5〜6個で中毒になることもあるみたいです。

それから、ウルシ科の植物(マンゴー・カシューナッツ)で

アレルギーが出る人も、銀杏で症状が出る可能性があるとも。

主に小児が中毒になるようで、結局食べていい数は次のようです。

•7歳未満は0個
•7歳〜14歳までは6個以下
•大人は20個くらいまで

小動物にも害があるようで、毎年犬がギンナン中毒になる例があるそうです。

ギンナン毒は熱にも強いとか。

う〜む。銀杏は毒は毒なのですね。

茶碗蒸しに1個か2個入っているのは嬉しいのですけど。

たいして影響はないけれども、もしこれから

10個いただいたとしても、5個はコソッとポケットに入れて

また次の日大事に食べることにしようかな。