初代iPad mini の使い道

先日、友人と名古屋伏見のコワーキングスペース「エニシア」へ行ってきました。

とくに大きな目的はなかったのですが、せっかくなので、Rails Girls more!で使っている、Googleハングアウトのチャットを試してみました。

いつも他の人がセッティングしてくれるので、自分でつなげてみたいと思ったのです。

そこで、MacBook Airとともに、最近あまり使っていない、iPad miniとBluetoothのApple wireless keyboardを持って行ってみました。

持っているのは初代iPad miniなので、動きもまったりしてきたし、新しいiPadが欲しいなと思っていました。

Apple wireless keyboardもずいぶん前に手に入れましたが、あまり使っていません。

せっかく試すので、事前にiPad miniの不要なアプリを消して軽くしておきました。Apple wireless keyboardも新しい電池を入れて。

iPad miniとwireless keyboardをBluetoothでつなげて、Googleハングアウトのアプリを入れてセッティング。

友人にGoogleアカウントでログインしてもらいました。

わたしは、MacBook AirからGoogleハングアウトにログイン。

結果、チャットはスムーズにやりとりできました。

あまり期待していなかった、初代iPad miniがけっこう使えてびっくりです。

この記事の下書きも、初代iPad miniを使って、GoogleドキュメントアプリにApple wireless keyboardで書いていますが、意外とスムーズにできています。

Kindleで本を読んだり、Safariでネット検索などでは、動きが遅いのですが、アプリで文字を入力するのは、そんなに気にならない程度に動いてくれます。

ノートパソコンを持ち歩くほどでないときは、iPad miniとApple wireless keyboardの組み合わせで、外出先で文字入力も良いかも。重さも軽くて良いです。

Apple wireless keyboardとiPad miniが入るソフトケースを探してみよう。

でも、やっぱりKindleで本を読むには、大きな画面のiPadが良いだろうな。

新しいiPadは、Apple pencilが使えるようになったので、魅力的です。

初代iPad mini