iPhone画面割れ修理、Appleサポートで予約がなかなか取れません。

先日うっかり画面から落として割れてしまったiPhone7 Plus。

Apple製品の修理は初めてなので、色々調べてみました。

簡単に画面割れ修理できるかな?と思ったら、気をつけるポイントがいくつかありました。

修理はApple Storeまたは認定修理へ

最近、街にiPhoneの修理店が増えているので、簡単に直せるかと思ったのです。

しかし、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダ以外での修理は、やめておいたほうが良さそうです。

Apple認定修理以外での修理には、純正部品が使われていない場合もあるようです。

iPhoneを解体したり、純正部品以外で修理されていると、Appleの保証が受けられなくなります。

例えば、バッテリー交換をして欲しくなってもやってくれないんです。

というわけで、Appleサポートのサイトから修理申し込みをすることに。

予約がなかなか取れない持ち込み修理

修理には、「持ち込み修理」と「引き取り修理」があります。

引き取り修理は、当日夕方便で引き取ってくれるので便利そうなのですが、修理後返送されるまで3〜6日間。

電話やLINEがあるので、数日手元にないのは困ります。

そこで、同日持ち帰り可能な、持ち込み修理にすることに。

名古屋は、持ち込み修理できる場所が3カ所あります。

Appleの持ち込み修理を受けようとしたら、予約が必要です。

しかし、Appleサポートから修理予約を取ろうとしても、1週間先まで予約できる日時がない。

毎日、予約でいっぱいなのですね。

こうなると、また次の日にAppleサポートの修理申し込みページをチェックして、予約日時の表示を待つしかないのです。

平日の14時とかはあったのですが、仕事中だしなぁ。

iPhone画面割れに加え、修理予約も大変です

と思ったら、親切な職場なので、早く修理に行ってらっしゃいというありがたいお言葉。

月曜にもう一度チェックすると、来週の月曜の夕方が表示されていました。

表示するたびに、予約できる時間が減っていくので、お言葉に甘えて早退してApple Storeへ行くことにしました。

平日無理なら、四日市や豊田、豊橋のApple正規サービスプロバイダまで行こうかと考えていました。

1週間、画面割れたままですが、近くのApple Storeで修理が済みそうです。

街でiPhoneの画面割れた人を見かけても、他人事だったのですが、けっこう面倒だったんですね。

iPhone画面割れ