ごま豆腐(ペロリン)に期待

先日購入したごま豆腐が思っていたよりもいまいちで、

残念な思いが残っていたのでしょうか。

ネーミングに惹かれて、思わず手に取ったごま豆腐、

(ペロリン)。期待できます。


「肥前とうふ 本煎り ごま豆腐(ペロリン)」

手軽に手に入るのですから、

原材料はゴマ・澱粉・砂糖・食塩・加工澱粉と

精進料理のごま豆腐とはちがいますね。

説明書に取り出し方法があってその通りに開けようか、

と思ったら、なんですか、これは。

「ペロリン・クロリン・シロリン・プルリン・ペロン」

お仲間があったのですね。

だいたい想像できるような、できないような。

ここは指示通りに、簡単オープン!!に従いましょう。

すると、あらら。

でろーんとお皿に広がりました。

少し味見をすると、なかなか美味しいです。

優しいゴマの味でふわっと、トロリととろけます。

しかし、この姿ではペロリンもどうでしょう。

曲がっちゃって、ふてぶてしさも感じます。

ここは、繊細な形でありながら渋い色合いの

頂き物の作家の器に盛り付け、

ついでに、少し焼いたシソの実をアクセントに。

まあ、なんということでしょう。

先ほどの姿よりは、少し上品になりました。

シソの実とペロリンもなかなか合います。

しかし、ペロリンが砂糖が入って甘めなので、

ポン酢をかけてさっぱりといただきました。

甘くないペロリンはないのかしら。

しかし、口当たり良くペロリンといただけます。

あっ! だじゃれに乗ってしまった。

ペロリンの特徴はこちら。

ペロリンのお仲間、クロリン・シロリン・プルリン・ペロンに

どこかのスーパーで出会ったら、試したいと思います。