とつぜんのおわかれ

気づけば、高齢者と呼ばれる世代になって、いつかそんな日がくるとはわかっていました。

が、やはり突然のお別れには、心がついていきません。

思い出深い叔父が、病いの末に他界した知らせを受けました。

いつも思い出すのは、とても子煩悩な叔父が、親戚中の子どもを可愛がり世話を焼いていた姿。

見た目はおっかない。

けど、にかっとわらい、私たち実子でない子どもまで猫可愛がりしてくれた。

もう何十年も前の光景。

様々な経験を乗り越えて、そんな風に接してくれていた。

ひとつの人生を示してくださってありがとうございました。

きちんとあいさつをして来よう。