つづけること「めいポタ」さん

ほんのすこしの出会いから、長くおつきあいくださる方がいることに気づく年賀状。

奈良で陶芸をしているこの方もそのひとり。

きっかけは、ひょんなことから。

私が金属工芸を学びに行った大学の通信課程のスクーリング。

色々な学科の生徒が集まる、座学の授業を受けた時に、同じ教室で席が近かったようなことで。

同じ工芸学科で話がはずんだのです。

姉妹で陶芸専攻していて、ふたりとも授業を受けてらしたのです。

そして、お二人とも、本当に、とても親切にしてくださって。

当時私が欲しかった、耐火ボードを探してきてくれて頂いたり、授業の資料をたくさんコピーさせてもらったり。

それから、その授業以外でもお二人の展示を見に行ったりしました。

その時に手に入れたのが、お姉さん作のかわいい香炉と妹さんの四角の皿。

香炉は別のところで使ってますが、角皿は手元で使ってますよ。

手びねりで作るので、ゆがみがあったり。

渋い中にも遊び心で模様がついてたり。

きれいな和菓子を載せたり、おせちを詰めた年もあったなぁ。

お姉さんは和歌山在住、妹さんは奈良在住で、それぞれ大学に通う前から陶芸が趣味で、何度も展示をされているようでした。

自由に楽しく制作していていいなぁと見て来ました。

しかも、購入されるお客さまも多いようでした。

妹さんは京都の百万遍手づくり市にも出店されてます。

生活のなかに制作活動が馴染み、たくさんの作品を作っていてすごい。

そして、親切。

奈良を色々案内してくれた日もありました。

私も、名古屋まで来てくれた妹さんご夫婦をご案内したことあったなぁ。

と言っても、これは少なくとも、6年以上前のこと。

続けること

数年前まで、妹さんの制作活動はブログでチェックしていました。

が、私は制作活動から離れて仕事に邁進していたので、最近見ていません。

今年も年賀状をもらったので、久々に妹さんブログを見てみました。

すると、ひゃー、すごい。

以前から行動力に感心していましたが、ずーっと制作し続けているのはもちろん。

手づくり市や展示会だけでなく、洋裁の作家さんとコラボで実店舗のお店を持ち、昨年からネット販売も始めてらっしゃいます。

そういえば、お店を始めましたとかお知らせくれたことがあったなぁ。

さすがの行動力。

しかし、ご本人は淡々と進めている感じなのですよ、昔の記憶では。

当方、昨年は体がクタクタに疲労してしまい、立て直しに養生してます。

が、気持ち的に良い刺激をいただきました。

今年は、京都の手づくり市や奈良に出かけてみよう。

「めいポタ」で活動されている鈴木明美さん

ネット販売の「水玉のフラワーベース」がかわいいなぁ。

ストライプもあったら、対で置きたい。とか勝手な想像。

お人柄にも作品が売れる要素があるんだろうなぁ。

Creema「めいポタ」

minne「めいポタ」

陶器で作ったうつわと雑貨の写真と展示のお知らせ。ちょこっと生活のこと。