ヒアシンスの復活

先月、買ってきたヒアシンス。

フィンランドでクリスマスに国中がヒアシンスで飾られると読んで、心動かされて家に連れて帰ってきたのでした。

当初はクリスマス前に咲いてしまうんじゃないかというくらい元気でした。

しかし、しばらく部屋の中に置いて日照不足にしてしまい、育ちがよくありませんでした。

途中、根腐れを起こしてるんじゃないかと思うくらい瀕死の状態になってしまいました。

ほぼあきらめかけていましたが、

ベランダに枯れた植物の土を乾燥させてあったので、それを混ぜて大きめの鉢に植え替えました。

部屋の中だと、また日照不足で土も湿ったままになります。

霜が心配でしたが、一か八か屋外の陽の当たるところへしばらく放置。

そうしたら、クリスマスには間に合いませんでしたが、年末に咲いてくれました。

いい香り。

紆余曲折あったので、3本の育ち方がばらばらで、丈も小ぶりですが、しっかりと花開いてくれてよかった!

結構ひどい状態だったのに、環境が整ったら、球根の中のプログラムが生き返ったようで嬉しいです。

冬の乾燥した時期だったからうまくいったのでしょうか?

当初のクリスマスに咲くイメージはこんな風だったんだけど…。

小さくなっちゃったけど、ありがとう。