アザミと虫

ちょうど、一か月前に長野県安曇野にてアザミの花に遭遇。

思わずパチリ。

花が大きくとてもきれい。

久しぶりに見ました。

アザミの花といえば、虫が思い浮かびます。

幼いころたまに散歩へ行く山道に咲いていました。

散歩の道すがら、アザミの花の中に幼虫がいて、

釣りの餌にするようなことを聞きました。

一度聞いたくらいでしょうに、

それからアザミの花にイモムシがいるという連想がひも付いて

もうなんじゅうねんも経つのに頭から消えない。

アザミを毎年見るたびにこの中に居ると思い続けてたのですね。

アザミと虫。

調べてみると、アザミの花のガクに巣食う象虫の幼虫のようです。

ガクの下、数センチの茎に穴を開け、卵を産みつけるそう。

(「釣りと風土」山本素石 著)

勢いのないアザミの花のガクの中には白い幼虫がいる。

川釣りに使うそうです。