シェーをアレンジ。落書きで楽しい気分になれた日。

イヤミとフレディが似ていると言う、

Queenの歌が好きな友人に、

イヤミ風フレディの顔の絵を描いたら喜んでもらえた。

今日は、全身描いてみた。

見るだけでなく、絵画なら模写、小説なら書き写しをすれば、その巨匠の技術を感じられると読んだことがある。

初めて、シェーをするイヤミの摸写をしてみたら、伸びやかな線と絶妙な角度など、プロの技に、なるほどと感心すること多し。

数え切れないくらい、描いてるからできるんだろうな。

あんまり漫画も読まないし、絵も描かないので、よくみたことなかったけど、

漫画家とかイラストレーターが、こうやって技術を極めていくのは、すごいなぁ。

休日に、お友達とQueenの自転車の歌の話をしていたら、フレディ・マーキュリーがイヤミに似ているとお友達が言うのです。彼女は、よくQueenのBicycle Raceを口ずさんでいるのです。次の日、フレディの絵を描きた...

フレディの絵を描きたかったけど、描けないので、イヤミの模写から始めた昨日。

フレディ

なんとかイヤミの力を借りてまとまった、フレディができた。

フレディイヤミ

今日は、全身を描いてみたくなった。

フレディ風イヤミをまず描いてみたら、なんとなくできた。

シェーをやりながら、マイクが持てそうだったんだよね。

フレディ風イヤミ

でも、フレディはだいたいランニングシャツ姿なので、ランニングから描いてみた。

雑だけど、イヤミ風フレディになってきた。

イヤミ風フレディ

が、想像で書いているので、もはやフレディなのかわからない。 

本当は、フレディのパワフルで、エネルギッシュな感じが絵に表せるといいんだけど。

もっとQueenの映像をみて、練習したら描けるようになりそうだ。

でも、Queenの自転車のうたが好きな友達がイヤミ風フレディでも喜んでくれたから、まぁいいや。

見返すと、もっと細かいところちゃんと描けばよかったと思う。

たまにする落書きが楽しい。