映画 シェイプ・オブ・ウォーターを見てきました

ふと目にして気になった映画、「シェイプ・オブ・ウォーター」

ギレルモ・デル・トロ監督が、幼い頃から温めてきた物語。

不思議な生き物と、声が出せないイライザとのラブストーリー。

シェイプオブウォーター

シェイプオブウォーター

今までの設定のファンタジー・ロマンスにされてしまわないように、監督が資金を集め、キャストを選んだという情報を頭に入れて見てきました。

主人公に隣人、同僚の心優しい人が不思議な生き物「半魚人」の彼を救うために行動します。

でも、マイノリティの差別であったり、冷酷・残酷なひどい人物が出てきたり、人間っていやだなと思ってしまいました。

色々な思いを込めて作られているので、軸は美しい物語なのですが、観終わってすぐは、様々な思いが渦巻いて、ざわざわしました。

見た目、属性、言葉。

自分がとらわれていることにも気づきます。

デル・トロ監督が、特殊メイクに携わっていたり、日本のマンガや特撮映画、ロボットアニメに影響を受けていて、ゴジラとかモスラとか馴染みがありそうです。

私は、その辺に馴染みがないので、10代に金曜ロードショーで「ザ・フライ」を見た時の感じを思いだしました。

なんだか、半魚人見てて、うる覚えのハエ人間思い出すのも申し訳ないのですが。

ざわざわした理由の一つはそこかもしれない。

感動の愛の物語ですが、大人のおとぎ話です。