頬の茶色いモヤモヤの肝斑(かんぱん)にトランサミンを試してみました。

ここ最近、宇津木流の水だけ洗顔を続けています。

すると、頬の茶色いモヤモヤしたものが気になります。

シミかもしれないけど、両頬にあるような気もするので、肝斑かもしれません。

以前、別の疾患で病院で処方されたトランサミンが残っていて、調べたら肝斑の薬でもあったので、試してみました。

トランサミンはトラネキサム酸の商品名です。

口内炎の薬や止血剤として処方されていましたが、肝斑にも効き目があるようで、市販薬でも売り出されています。

肝斑は、30歳代-40歳代の女性に多い両頬に左右対称にできるシミです。

原因ははっきり分からないようですが、紫外線が原因ではなく、女性ホルモンが関係するのではないかと言われています。

とりあえず、トランサミンを調べてみると、肝斑には保険ではなく、自由診療で処方です。

自由診療で処方してくれる医者では、肝斑には1日量1500mg飲まないと効かないようなことが書いてありました。

市販薬は1日量750mgなのです。

1500mgでは、手元のトランサミンが数日分くらいしかなかったのですが、1回500mgで1日3回飲んでみました。

トランサミンは、副作用もほとんどないようなので試しに。

そうしたら、2、3日で頬のモヤモヤが、少し薄くなったような気がします。

肝斑だったのか?

というところで、トランサミンがなくなってしまいました。

肝斑の緩和のためには、トラネキサム酸を2ヶ月服用して、一旦服用をやめ、また気になったら服用の繰り返しです。

完全になくなることはないようですが、年を取ると自然に消えることも。

今は、ミネラルパウダーファンデーションでだいたいカバーできるので、あまり気になりません。

再び気になるようになったら、皮膚科などでトラネキサム酸を処方してもらおうか。

以前の病院の処方箋を見ると、服用していたのは、1日1500mgでした。

この時は、ついでに肝斑が緩和されていたのか?!
トランサミン