元「日本一のニート」pha著『人生にゆとりを生み出す 知の整理術』を読みました。

ダラダラしたいじゃないですか。

と言ったら、けげんな顔をされたようなことがあります。

たぶんそんな人は、自分とはタイプが違うんでしょう。

ひそかにチェックしていたphaさんの本を読んでみたら、

めんどくさくて、やる気がでなかったりすることが多い私にぴったりでした。

楽しく知識を身に付けられる工夫が、いろいろ載っている勉強本です。

自分が、普段なんとなく思っていたことなどが、文章になっているので、面白くて親和性があります。

ゲームのように楽しんで、習慣化して、楽しいことだけやる。

自分が興味のないジャンルでも、世の中にはそのジャンルが好きでたまらない人がいるわけで、そんな人から話を聞くと、とても楽しそうなので、自分も興味を持ってしまう。

なんてことは結構あります。

知識を自分の身に付けるには、少しだけでもいいから、何回でもくりかえせばいいと思っていますが、これをphaさんは、牛の消化のように何度も反芻していれば、情報が自分の血肉となってくると表現されています。

自分がやっていなくて、取り入れてみたいのは、「分類すること」。

本の重要度を分けたり、アウトプットの方法を重い・軽いで分けたり、ノートの種類をいろいろ持つなどの方法は、参考にやってみたい。

それから、情報を頭に入れたら、「ぼーっとする」「覚えたいこと3つをメモしてポケットに入れて散歩する」を実行したい。

さっそく行動

読んでいる途中で、早速本の内容を実行してみました。

読書の記録におすすめされていた、ブクログへ登録しました。

そして、読み終わった本の感想を登録。

ブログパーツまで貼ってみました。

こんなふうに、この本を読んだらやる気がでてきて、行動までできたので、今日は自分を褒めて終わりたいと思います。

知の整理術