忘れてしまわないうちに。読みたい記事を保存できるアプリ2つを試してみます。

あぁ、この記事あとでじっくり読もう。ってのが最近ちょくちょく出てきたので、あとで記事を読むアプリ「Pocket」と「Instapaper」を試してみます。

iPhoneに、だいぶ前に入れていたアプリで、今欲しい機能があったので活用しようと思い立ちました。

Pocket

「Pocket」のレビューのチェック、カスタマー評価の比較、スクリーンショットやその他の詳細情報を見ることができます。「Pocket」をダウンロードして、Apple TVでお楽しみください。

気になったWEBサイトを保存しておけるアプリPocket。

あとでもう一度ゆっくり読みたいサイトなど保存するのに良さそう。

って数年前に思って少し使ったんだけども、存在も用途も忘れてました。

人間は忘れてしまうのです。

最近、毎日FeedlyやGoogleアラートで登録したサイトをチェックするので、これはあとで読みたいと思うものが出てきたらPocketに保存することにしよう。

これまで、気になったWebサイトは、
Evernoteに保存したり、
LINEに自分一人だけのグループを作って記録したり、
Safariのリーディングリストに保存することも多い、
とバラバラ。

でも、あんまり見返すことがなくて、忘れてしまう。

なので、しばらくPocketに集約して保存してみよう。

たぶん、Evernoteアプリなどは、開いて検索してだと手数が多いので、よっぽど欲しい情報じゃないと開かないのでしょう。

Pocketなら、アプリをいつも見えるところに配置して、アプリを開いたら一覧で記事を見られれば、あとで見ようと思ってたものも忘れないうちにチェックできる気がする。

あとは、たまにもう必要ないサイトは整理するようにしたら、すっきり見やすくてPocketアプリを活用できそう。

と決めたところで、同じようなWebサイト保管アプリでもっと便利そうなものを見つけてしまいました。

Instapaper

Instapaper

「Instapaper」のレビューのチェック、カスタマー評価の比較、スクリーンショットやその他の詳細情報を見ることができます。「Instapaper」をダウンロードして、Apple TVでお楽しみください。

Pocketは記事の取得がうまくいかない時があるようなのです。

それから、記事の管理がPocketはタグ、Instapaperはフォルダで、フォルダの方が便利そうです。

しばらく二つを使って、あちこちバラバラな情報を集約できればと思います。